エルビウムヤグレーザー|大野城市や春日市の皮膚科・美容皮膚科|ひかり皮ふ科クリニック

治療方法 TREATMENT

エルビウムヤグレーザー

エルビウムヤグレーザーとは?

レーザーによる治療ではほくろをレーザーで削ります。削った創部は潰瘍の状態になっており、その後テーピング保護を2週間程度行う事で傷を治します。レーザーでの治療の場合削り過ぎないように注意します。削り過ぎた場合は皮膚が凹んだ状態のままになってしまう事があるので、深いところに病変が及んでいる場合はあえて病変を残すこともあります。そのためレーザーを用いたほくろ治療は切除する方法に比べると再発率が高くなることは否めません。しかし当院では顔面にできたほくろの場合は、レーザーでの治療をお勧めします。顔は体の中で傷の治りが早く、また最小限の瘢痕で治癒する事が可能です。また短時間で多数のほくろを治療できますので、顔のほくろとりのレーザー治療は当院での人気メニューにもなっております。

TROUBLE

こんな場合はご相談ください

  • いぼ・ほくろが気になる
  • 痕ができるだけ残らないようないぼ・ほくろ治療を探している

上記のようなお悩みがある場合は、エルビウムヤグレーザー治療をご検討ください。

エルビウムヤグレーザーの特徴
炭酸ガスレーザー同様水に対する吸収が高いレーザーですが、炭酸ガスレーザーと比較して10倍の吸収率があり、周囲への熱影響がほとんどなく、炭化層ができません。そのため傷の治りが早く照射後の傷の仕上がりがきれいな事が特徴です。照射スポットが幅広く選択できるため大きな病変であってもきれいにそしてスピーディーに治療する事ができます。

施術の流れ

1 ご予約
お悩み、曜日、時間などお伺いしてご予約を承ります。施術は後日となります。
2 ご来院
受付にて、問診票のご記入をお願いいたします。現在の症状、これまでの治療経歴、治療に関するご希望をお伺いいたします。
3 医師による診察
医師がほくろの状態を確認し、最適な治療法を提案いたします。
4 局所麻酔
局所麻酔し、麻酔が効いたのを確認しレーザーを照射します。
5 施術
レーザーを照射し、取り残しがない事、また止血を確認し施術終了です。
6 術後
テーピングを2週間続けます。2~3ヶ月程度、創部の色素沈着が続く事があります。日光により施術後の色素沈着が増強する事があるため日焼け止めをしっかり外用いただきます。

よくあるご質問

Q

レーザー後の処置はどうするのですか?

施術直後はビジダーム(シール)、その中にカルトスタット(止血剤)を貼って保護します。半日~1日後は血液や滲出液が特に染み出てきます。翌日の入浴もしくは洗顔の時にはビジダームをはがし、創部を洗浄していただいて構いません。入浴、洗顔後は創部が乾燥する前にビジダームを貼るようにしてください。2日~5日経過しても滲出液がまだまだ多いこともあるため1日数回の貼り換えが必要です。滲出液が止まってからも1~2日おきにビジダームの貼り換えをして2週間お過ごしください。

Q

レーザー後の創部はどのような経過をたどるのですか?

レーザー直後は皮膚が削れている状態です。すり傷っぽい状態です。徐々に皮膚が上皮化し、平坦な傷になっていきます。2週間もすると皮膚はできあがりますが赤茶色を帯びた状態になっております。この色素沈着は2~4カ月かけて徐々に薄くなり半年もするとほとんど目立たなくなってきます。

Q

ほくろのレーザー治療の料金はいくらですか?

レーザー治療の場合は自費になります。 4mm未満の小さいほくろの場合は1個12,100円、2~4個とる場合は1個につき8,800円、5~7個とる場合は1個につき7,700円と個数が増えるとお安くなります。5mm以上のほくろの場合は1個16,500円となります。(※詳細は料金表ページをご覧くださいませ。) 切除術の場合は保険診療になります。顔面のほくろの場合1カ所1万円程度です。

費用

4mmまでのほくろ
1個とる場合12,100円
2~4個とる場合1個につき8,800円
5~7個とる場合1個につき7,700円
8~10個とる場合1個につき6,930円
5mm以上のほくろ
1個16,500円~

※表示金額は全て税込みです

Translate »