ほくろ・いぼなら大野城市や春日市のひかり皮ふ科クリニック

ほくろ・いぼ MOLE

ほくろ・いぼについて

ほくろ・いぼの種類に合った施術を
行うことが大切です

ほくろやいぼは、大きさや形状が違うだけでなく症状は様々です。当院では、患者様のほくろやいぼの状態を正確に診断し、除去するだけでなく「きれいに取りきる」治療を目指して電気メスや炭酸ガス(Co2)レーザーを使用して除去しています。気になるほくろやいぼがある方は、お気軽にご相談ください。

TROUBLE

こんな場合はご相談ください

  • 顔のほくろが気になる
  • 手や足にいぼができた
  • ほくろをきれいに除去したい
  • 目の周りにいぼがある
  • 医療機関でほくろを除去したい
  • 首のいぼを取りたい
  • ほくろ治療をしたいが決めきれない
  • 医療機関でいぼの除去をしたい

ほくろ・いぼの種類について

ほくろの種類

ほくろは一般的に後天性のもので、成長していく過程で母斑細胞が皮膚または、皮膚の下で増殖している状態です。ほくろの種類は、典型的には下記の4つに分類されます。

Miescher母斑
ドーム状に膨らんでいる場合が多く、毛が生えることもあります。顔面や頭髪部にできる場合が多いです。
Unna母斑
直径1cm程度のやわらかいしこりのようなものです。黒色または茶褐色で体幹によくできます。
※保険適用
※レーザー適応外
Spitz母斑
比較的若い人にできやすく、急に大きくなる場合もあるため皮膚がんと見分ける必要があります。
※保険適用
※レーザー適応外
Clark母斑
楕円形で中央の色がやや濃く、外側に向かって薄くなっているのが特徴です。大きさは直径1cm以下の場合が多いです。
※保険適用
※レーザー適応外

いぼの種類

いぼとひとことに言っても、大きく分けて2種類のいぼがあり、さらに細分化すると4種類に分けられます。

脂漏性角化症
表面がざらざらしているのが特徴で加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。手や首、顔などによく見られます。
アクロクルドン、スキンタッグ
加齢とともに徐々にできはじめ、瞼やわきの下など皮膚が薄い部分にみられます。皮膚の良性腫瘍のため心配はいりません。
尋常性疣贅
(じんじょうせいゆうぜい)
ウイルス性のできもので、手指や足の裏に発生します。いぼが深く食い込むと難治性となることもあります。
※保険適用
※レーザー治療適応外
青年性扁平疣贅
(せいねんせいへんぺいゆうぜい)
顔面や手背などにできやすく、思春期以降に多くみられます。表面は滑らかになっているのが特徴です。
※保険適用
※レーザー治療適応外

当院の治療方法

\短時間の施術/
炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーの特徴

  • 医師によって結果に差が出やすい
  • 短時間で施術が終わる

炭酸レーザーは、ほくろに炭酸ガスレーザーを照射して除去するレーザー治療器です。皮膚に含まれる水分とともに、ほくろの組織を蒸発させて取り除く方法で、お肌への負担が少なく、出血がほとんど起こらないのがメリットです。レーザーによる色素沈着や傷を残さずに、母斑細胞を除去できるよう専門医が丁寧に施術いたします。

料金

4mmまでのほくろ
1個とる場合12,100円
2~4個とる場合1個につき8,800円
5~7個とる場合1個につき7,700円
8~10個とる場合1個につき6,930円
5mm以上のほくろ
1個16,500円~

※表示金額は全て税込みです

いぼ施術範囲1回
5mm未満5,500 円
5~10mm13,200 円
11mm以降は5mm単位8,800 円
首のスキンタックの取り放題77,000 円

※表示金額は全て税込みです

\肌にやさしい/
エルビウムヤグレーザー

エルビウムヤグレーザーの特徴

  • 傷の治りが早い
  • 肌質の改善ができる
  • 肌へのダメージや痛みが少ない

エルビウムヤグレーザーの波長2,940nmは炭酸ガスレーザーに比べ水分の吸収率が約10倍あり、組織へのダメージが少ない治療器です。レーザーによる色素沈着や傷を残さずに、痛みの少ないほくろ、いぼ治療を行うことができます。

料金

4mmまでのほくろ
1個とる場合12,100円
2~4個とる場合1個につき8,800円
5~7個とる場合1個につき7,700円
8~10個とる場合1個につき6,930円
5mm以上のほくろ
1個16,500円~

※表示金額は全て税込みです

メスによる切除と縫合

皮膚にメスを入れることでほくろを除去する方法です。ほくろの周辺を木の葉状に切開して取り除き、縫合します。体幹四肢にできたほくろをレーザーで摘除すると肥厚性瘢痕や白色瘢痕になる場合があるため、多くが切除術で治療します。局所麻酔をしてからの施術になりますので、痛みもほとんどありません。また、場合によっては、切除した後病理診断を行い、良性のものか判断します。保険適用可。

施術の流れ

1 診断
医師による診断を行います。ほくろの診断にはダーモスコピーという拡大鏡を用いて悪性かどうか検査をします。ダーモスコピーを用いても診断がはっきりしない場合は施術の際摘出したほくろを病理検査に提出します。
2 施術
施術部分に局所麻酔や麻酔クリームを施します。麻酔が効いたころにレーザーの照射、メスによる切除を行います。取り残しが無いことを確認し、止血を施して終了です。
3 術後観察
施術後はほくろの場合はテーピング2週間程度を行い、いぼの場合は外用薬の塗布を行っていただきます。ほくろの場合は2~3ヵ月程度は創部の色素沈着が続きます。日光により施術後の色素沈着が増強する事があるため日焼け止めをしっかり行ってください。いぼの場合は2週間程度でかさぶたが取れてきれいな状態になります。

よくあるご質問

Q

レーザー後の処置はどうするのですか?

2週間テーピング保護をしていただきます。肌色のテープですのでさほど目立ちません。
・施術直後はビジダーム(シール)、その中にカルトスタット(止血剤)を貼って保護します。
・半日~1日後は血液や滲出液が特に染み出てきます。翌日の入浴もしくは洗顔の時にはビジダームをはがし、創部を洗浄していただいて構いません。入浴、洗顔後は創部が乾燥する前にビジダームを貼るようにしてください。
・2日~5日経過しても滲出液がまだまだ多いこともあるため1日数回の貼り換えが必要です。滲出液が止まってからも1~2日おきにビジダームの貼り換えをして2週間お過ごしください。

Q

レーザー後の創部はどのような経過をたどるのですか?

レーザー直後は皮膚が削れている状態です。すり傷のような状態です。徐々に皮膚が上皮化し、平坦な傷になっていきます。2週間もすると皮膚はできあがりますが赤茶色を帯びた状態になっております。この色素沈着は2~4ヵ月かけて徐々に薄くなり半年もするとほとんど目立たなくなってきます。

Q

いぼやスキンタックのレーザー治療をした後、患部のテープ保護は必要でしょうか?

必要ありません。レーザー後かさぶたにしてそのまま2週間放置していただきます。かきむしらないようにだけ注意してもらいます。他院ではテープ保護をすることもあるようです。当院でも数年前はテープ保護を行っていましたが、テープによりかぶれを起こす場合があったり、痒くなったり、感染したり、なにより煩わしかったりと問題点も多くありました。現在ではテープ保護は行わず外用のみで経過をみております。テープ保護をしたときと、しなかった時とでさほど創部の経過は変わらず、むしろ保護なしの方が施術後快適に過ごせたという結果がわかりました。よって当院では炭酸ガスレーザー後はテープ保護なしで経過をみております。

Q

ホクロ取りレーザー後、いつからメイク可能ですか?

テープの上よりメイクは可能ですが、ファンデーションはテープ上にのりません。また、テープ周囲にファンデーションを重ねることで、テープの端に溜まり、余計目立ちます。テープ周辺は避けて、ファンデーション使用した方が、目立ちにくいかと思います。

Q

ホクロ取りレーザー当日、入浴、運動など制限はありますか?仕事は休んだほうがいいですか?

普段通りの生活で問題ないです。すり傷ができた程度と思ってください。当日、入浴の制限はないですが、血流循環が良くなることで出血しやすくなるので、長湯は避けたほうが良いでしょう。激しい運動、サウナなどもなるべく避けたほうが良いでしょう。

Q

創部の浸出液もおさまれば、テープはずした状態でも問題ないですか?

2週間、貼り替えしながら、テープの使用をお願いします。途中で、テープをはがしてしまうと、創部が乾燥し、痕になるので、注意してください。

Q

ホクロの処置時の痛みはどれくらいですか?

施術前に局所麻酔をします。細い針を使用するので、思ったより痛みはないと思います。麻酔薬を入れる時に痛みを感じると思いますが、数秒くらいで治まります。その後、麻酔が効いてから施術するので、施術中、痛みを感じない方がほとんどです。

Q

どのくらいの頻度でテープ(ビジダーム)を貼り替える必要がありますか?

個人差もありますが、施術後1週間は、1日2~4回程度貼り替えすると良いでしょう。通常、日にちの経過とともに、貼り替えの回数は減っていきます。施術後1週間後からは、1日1回の貼り替えに減ります。1~2日は出血。その後、1週間程度は浸出液が溜まります。テープ(ビジダーム)内で液がいっぱいになると、剥がれ落ちてしまいますので、剥がれ落ちる前に貼り替えをお願いします。
創部の状態が落ち着き、ジュクジュク感がなくなると、テープ(ビジダーム)は取れにくくなりますが、1日1回は最低限交換をお願いします。テープ(ビジダーム)は体温で溶ける為、長期間貼り続けると、はがしても、肌にべとべと感が残るようになりますので注意してください。

Q

ホクロ取りレーザー後、いつからメイク可能ですか?

テープの上よりメイクは可能ですが、ファンデーションはテープ上にのりません。また、テープ周囲にファンデーションを重ねることで、テープの端に溜まり、余計目立ちます。テープ周辺は避けて、ファンデーション使用した方が、目立ちにくいかと思います。

Q

ホクロが多くあり、すべて治療したいです。1回で施術する数に制限はありますか?

施術時間やテープ貼付の関係上、1回10カ所までになります。それ以上の希望箇所があれば、数回に分けて施術いただく場合がございます。

Q

再発した場合はどうなりますか?

Drの診察にて再発の判断がされた場合は、施術より1年以内であれば、施術費用はいただかず再施術となります。
※テープ(ビジダーム)代は別途必要となります。

Q

当日は車で通院しても良いでしょうか?

通常問題ありません。
局所麻酔をおこなうため、目元の場合、まぶたの違和感で見えにくい状況にもなることありますが、時間とともに改善します。気になる場合は、控えた場合がいいかもしれません。

Q

口唇部、まぶたなどテープ(ビジダーム)が貼りにくい場所はどうすれば良いですか?

外用薬を使用し、常に保護し乾燥しないようにすれば、問題ありません。

Q

レーザー施術には時間はどれくらいかかりますか?

希望個数によって、若干変わります。麻酔~施術、テープ保護までで、15~30分くらいあれば終了することが多いです。

Q

眼の際にあるホクロ取りのレーザーは可能ですか?

可能です。
施術時、眼球を保護するために、アイシールドという保護するためのカバーを眼に入れます。
眼内は異物が入ると違和感がある為、事前に点眼麻酔し、その後、アイシールドを入れて施術します。そのため、施術時痛みなどはあまり感じないと思います。テープは貼る事ができない為、眼軟膏を購入し、乾燥しないように外用をお願いしています。

Q

ゼオスキン使用中です。ホクロ取りのレーザーを受けても問題ないですか?

ホクロ取りレーザー後は、すり傷ができた状態になります。ゼオスキンは使用できません。(洗顔は可能です)
テープ(ビジダーム)貼付したあとに、テープより離して塗布すれば、施術しなかった他の部分は問題なく使用できます。
※高濃度レチノール使用の場合は、医師への相談が必要です。ホクロレーザー施術前は、ミラミンは基本休薬の必要はありません。
ただ、レチノールやミラミン使用の反応で、赤み・剥離症状がひどい場合、高濃度レチノール使用時は、テープ(ビジダーム)かぶれの原因になる可能性もあります。医師へ相談してください。トレチノイン中の施術は難しい場合が多いです。

Q

ホクロ取りのレーザー後、どのくらいの通院が必要ですか?

施術後2週間後に、テープを剥がして問題ないか医師が判断しますので、診察が必要になります。その後、問題なければ、そこで診察終了になります。

Q

現在、ニキビ治療薬使用中ですが、施術は可能ですか?

ベピオ、エピデュオ、ディフェリン、デュアック等の使用時は、基本施術前休薬は必要ありません。使用後、肌がかぶれた状態になっている場合は施術できないこともあります。
施術後は、傷口になっているので、テープ保護が必要となり、上記薬剤はテープ貼付後に、テープ周囲を避けて使用すれば問題ありません。念のため、施術前は医師への確認をお願いします。

Q

テープに日焼け止めの効果はありますか?

日焼け止め効果はありません。テープの上より、日焼け止めを使用してください。

Q

ホクロ取り施術とシミ取りレーザー施術と同時にできますか?

ピコレーザー(全顔)の場合:
シミ取りレーザー前の準備期間(1カ月)があるので、その間にホクロレーザー治療することが可能です。ホクロ治療後、2週間あけ、医師確認後にピコレーザーを受けることができます。
ピコレーザー(部分的照射)の場合:
ピコレーザーを照射する場所と重なってなければ、同日でも照射可能な場合もあります。ホクロの施術の場合テープ保護が必要になるので、シミと重なるとテープ保護ができなくなります。

Q

施術後、赤みが気になります。どのくらいで落ち着きますか?

皮膚の発赤は数カ月続きます。この期間は炎症性の色素沈着を起こしやすくなります。そのため、以下2点を心がけてください。
①洗顔、コンシーラー、ファンデーション使用時にこすり過ぎない
(赤みを気にし過ぎて、コンシーラーでこすり過ぎないように)
②日焼け止めの塗布

Q

テープが外れてからも、日焼け止めを使用したほうが良いですか?

化粧下地やファンデーションで代用ではなく、日焼け止めの使用を勧めます。日焼け止めの後に、下地やファンデーションを使用してください。また、化粧・外出をしない日も基礎化粧品後、日焼け止めまでは必ず使用してください。
お勧めとして、ゼオスキンのBSサンスクリーンです。UV-A、UV-B、ブルーライト、近赤外線、可視光線まで予防します。

Q

何歳から、ホクロ取りレーザーは可能ですか?

局所麻酔、レーザーを使用します。施術する事を納得し理解でき、痛みに耐えることができ、手術室のベッドにて静止して施術受けることができれば、特に年齢の設定は設けておりません。

Q

ほくろのレーザー後、他の施術はいつから可能ですか?

創部の状態が、落ちついてから、施術可能です。個人差はありますが、ほくろ取りレーザーから2~4週間後より可能な場合が多いです。

費用

料金表

炭酸ガスレーザー

4mmまでのほくろ
1個とる場合12,100円
2~4個とる場合1個につき8,800円
5~7個とる場合1個につき7,700円
8~10個とる場合1個につき6,930円
5mm以上のほくろ
1個16,500円~

※表示金額は全て税込みです

いぼ施術範囲1回
5mm未満5,500 円
5~10mm13,200 円
11mm以降は5mm単位8,800 円
首のスキンタックの取り放題77,000 円

※表示金額は全て税込みです

エルビウムヤグレーザー

4mmまでのほくろ
1個とる場合12,100円
2~4個とる場合1個につき8,800円
5~7個とる場合1個につき7,700円
8~10個とる場合1個につき6,930円
5mm以上のほくろ
1個16,500円~

※表示金額は全て税込みです

お支払方法

ひかり皮ふ科クリニックでは、下記のお支払方法が可能です。

現金

現金でのお支払い

クレジットカード

VISA/JCB/Mastercard/など

医療ローン

費用を分割でお支払い

注意点・リスク・副作用

Translate »