いぼ(保険診療)

いぼ(保険診療) 2018-08-22T05:31:47+00:00

疣贅(いぼ)

ウイルスによる感染症であり、子供の手や足に多くみられます。

自然に治る事もありますが、
手にできていたりすると目立って不快な思いになります。
手の小さな傷からウイルスが侵入します。

手荒れや手を怪我しやすい職業の方は増えやすいです。
他人への感染の可能性は低いためあまり気にする必要はありません。

治療
液体窒素のスプレーを噴きかけます。
液体窒素は-196℃です。
処置中と処置後数時間は軽く痛みを伴います。

いぼが大きい場合は角質をふやかす作用のあるスピール膏を貼って
、数日後来院された際にいぼを削り、その後液体窒素治療を行います。